違法手段?ファクタリングを躊躇してしまう理由が法的なことなら心配無用

事業の資金が急に必要になったとか、もっとスムーズに回転させたいというときには、手軽でスピーディーな対応が可能なファクタリングが注目されています。

融資のように多くの書類を提出して、長々と審査されてといったことはありませんから、便利でタイムリーに利用できます。

とはいっても違法なのではないか?といった不安も残ります。

資金のピンチは切り抜けても、その後に面倒なことに巻き込まれては逆に負担になります。

そんなトラブルにならないように、ファクタリングを法的な面から考えてみましょう。

ファクタリングは堂々と利用できる手段です

ファクタリングは法的にはどうなの?といったネット上での声は多いです。

CMや広告など見ないので怪しいと思ってしまうかもしれません。

「違法な手段だけど背に腹は代えられないと利用しているのでは?」と警戒する方もいるでしょう。

でも安心して下さい。

ファクタリング自体は法律に違反しておらず、きちんと法的な根拠にのっとって営業しています。

もしファクタリング自体が違法なら、日本各地にこんなに何百ものファクタリング業者があるわけないですよね。

しかも公式サイトなど開設していることも多いので、所在地など明確にしているので摘発されまくっているはずです。

きちんと法律にそっているので、利用したからといって即アウトということはありませんので、まったく心配することはありません。

ファクタリング自体は合法で利用に問題があるということはありません。

でも、ニュースで「逮捕」を見たという方もいるでしょう。

それは違法ではなく、営業方法に問題があったためです。

気を付けるのは悪徳業者の存在

ファクタリング業者は数多く存在しますので、中には悪徳業者もいます。

ファクタリングサービスを提供しているように見せかけて、実は裏では闇金業者と繋がっていたり、情報を抜き取り悪用する目的の業者も存在します。

また、法に触れるような取り立てをしたりするケースもあり、これらは法に抵触しているために逮捕されたこともあります。

ファクタリングだから違法で逮捕ではなく、装って犯罪に利用したりしたことで逮捕されているのです。

すから、重要なのがファクタリング業者の選び方です。

良心的で正しい運営をしている業者を選べば問題ありませんし、法的なトラブルにも巻き込まれません。

避けたいファクタリング業者とは

・所在地や連絡先が公表していない
・創業がはっきりせず、実績が浅い
・口コミが探してもヒットしない
・契約書を作らない
・手数料の説明がない、法外に高い

このような業者は利用しない方がよいでしょう。

ファクタリングは違法といった間違った認識が広がっています。

しかし法律に即した営業内容なので、ファクタリングそのものが違法ではありません。

安心して利用しても大丈夫です。

混在されがちなのが悪徳業者による被害や逮捕ニュースです。

法外な手数料を請求したり、違法な取り立てを行ったりします。

安心できる業者選びがファクタリングには欠かせません。

多くのファクタリング業者は寄り添って対応してくれる、法的になにも問題がない頼りになる存在です。

ファクタリング業者で早期資金化の資金調達【カリイク】

Comments are closed.