サイドカーの基本的な運転方法と注意点について

自動車・バイクと楽しみ方はそれぞれありますが、中でも個性的な「サイドカー」は、昔から安定的な人気のある乗り物です。
一度は乗ってみたいという方も多いでしょう。

安全に乗るためにも・サイドカーの世界を楽しむためにも、基本的な乗り方をマスターすることが大切なのです。

運転に特徴があるサイドカーを安全に運転しよう

サイドカーは一般的なバイクと運転が異なってきます。
コーナリングや方向転換などの場合にもハンドルを左右に操作することで曲がります。

そして、左右非対称なデザインですから、基本的なハンドルポジションを習得していただくことが安全運転のポイントとなってきます。

基本的なハンドルポジションについてですが、第一には「わきをしめること」です。
そして、肘をぐっと絞り、手のひらでグリップを握り前方へと押し出すような感覚でハンドル操作を行います。

また、走行に就いてですが、低速走行時もしくは減速時はスロットルのオン・オフでハンドルの揺れがおきやすいので注意が必要です。
アクセルをとじることでエンジンブレーキがかかり減速をすることは可能ではありますが、前に進む力が生まれてしまいます。
このことから、減速の際には押し出されるように傾く可能性もありますので注意をしましょう。

カーブをする際の運転のポイントについての知識

カーブについてですが、手前の直線部分でしっかりと減速を行うことが大切です。

そして、コーナリング中はさらにアクセルをしっかりととじて通過し、後半で少しずつアクセルを開けながら通過しましょう。
この一連の操作は基本的なものとなっています。

注意をしておきたい点としては、コーナリング中にブレーキを使用すると外側に膨らんだり逆に内側に切れ込むということもあるのです。

これもまた特徴的なものの1つといえるでしょう。
カーブ手前でコーナリング中にブレーキを必要としないスピードまで減速させる必要があるのです。

そして気にかけておきたいのはその「車幅」です。
デザインを見れば車幅があるということは分かるかと思いますが、実際に運転をしてみると予想以上に幅があったという声も少なくないのです。

最初はその感覚がつかめずに戸惑ってしまうということもあるかもしれませんが、運転を重ねていくことによってクリアできるでしょう。

Comments are closed.