サイドカーはいつ生まれ人々に寄り添って進んできたのか

サイドカーというと皆さんはどのようなイメージがあるでしょうか。

映画やアニメの世界に出てくる乗り物というイメージを抱かれている方も少なくないでしょう。
認知度の高い乗り物ともいえるものですが、ではその歴史はいつから始まってどのように進んできたのでしょうか。

サイドカーの誕生と始まりについて触れてみよう

まずはその始まりです。
日本語では「側車」とよばれており、その始まりは19世紀初頭のヨーロッパからなのです。
当時、庶民の交通手段といえばオートバイが一般的だったのです。

四輪の自動車は非常に高価で、それに比べると安価であるということから好まれていました。

そもそも、オートバイは荷物や人を安く運ぶための手段として作られたのですがその後改良を重ねられ、屋根がついたものや荷台つきのものなどが走るようになりました。

仕組みそのものも多種多様となり、オートバイに「後付」をすることができるタイプからはじめからデザインとして組み込まれているものなどとさらなる広がりをみせるようになりました。

これが始まりとなったのです。
高級イメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、誕生・始まりとしては庶民の生活に密着した部分から生まれたのです。

戦時中の関わり方と現在での関わり方について

第一次世界大戦から第二次世界大戦では、先のように「安価である」ということが重宝され、兵士たちの輸送手段として活躍していました。
第二次世界大戦後期の車両は、今でも名車とされているものが数多くあるのです。

日本に普及し始めたのはそれからしばらく経った戦後のことになります。

現在においては、四輪自動車・軽自動車が普及すると同時にその規模は縮小されています。

しかし、まだ根強いファンは多く存在し、そして世界の中にはオートバイタクシーとして現役で庶民の生活を支える活躍を見せているところも多いのです。

また、軍事的な側面においても利便性が高いと今もなお採用している国も多くあるのです。

先進国においては四輪自動車が主流となっているものの、趣味として・楽しみ方の1つとして人気でありつづているのです。

ですから、活躍のスタイルは変容しつつあるものの需要としては高いままありつづけている乗り物ともいえるでしょう。

Comments are closed.